10・17「君が代」不起立の田中氏に対する「再発防止研修」抗議闘争

10・17

「君が代」不起立の田中氏に対する

「再発防止研修」抗議闘争


 2013年度卒業式に続いて、2014年度入学式でも、都立板橋特別支援学校の田中聡史氏は、「君が代」の斉唱を拒否して、きっぱりと不起立で闘いぬいた。この田中氏に対して、都教委は「減給10分の1・1ヵ月」の処分を強行した。さらには、「服務事故再発防止研修」を都教職員研修センター(水道橋)に田中氏を呼び出して受講させてきた。そして、この研修センターでの「再発防止研修」の受講後にも、田中氏の勤務する板橋特別支援学校に6月~9月の4ヵ月間に、月1回のペースでわざわざ、都教委から「指導主事」が来校して「1時間程度の研修」を受けさせている。それとはまた別に、職場の上司である「校長による校内での50分ほど行なう研修」が約10回、田中氏に強制されてきた。10月17日の「研修」は、4ヵ月間にわたる一連の「再発防止研修」の総まとめというものである。

 10月17日午前9時から、研修センター前には教育労働者をはじめ多くの労働者人民が駆けつけ、都教委に対する抗議の闘いに起ち上がった。

 「『日の丸・君が代』不当処分撤回を求める被処分者の会(被処分者の会)」の星野共同代表が、マイクを手に、警備に動員されている都教委職員に対して、抗議する。そして、同じく「被処分者の会」の近藤事務局長が「研修」の流れ、抗議・激励の行動のタイムスケジュールを説明した。

 「君が代」訴訟を担っている弁護団の澤藤統一郎弁護士、「被処分者の会」、「河原井さん根津さんらの君が代解雇をさせない会」、「許すな『日の丸・君が代』、止めよう安倍の改憲・教育破壊全国ネットワーク(準)」が申し入れを都教委に対して行なった。

 当該の田中氏がセンター前に到着し、全ての仲間たちが「研修」会場に向う彼を拍手と「ガンバレー」の声援で送り出していく。田中氏の「研修」が始まってからも抗議集会は続く。田中氏も原告の一人となっている「東京『君が代』第四次訴訟原告団」が裁判の進行状況を報告。

 午前11時15分、「被処分者の会」・岩木共同代表の司会で抗議集会が再開される。 東京・山日労の連帯あいさつの後、「都教委包囲・首都圏ネット(包囲ネット)」の仲間と受講を終えた田中氏が発言した。

 最後に、岩木共同代表が「教員の思想・内心の自由にまで踏み込んで転向を迫るような都教委に対しては、私たちはこれからも闘い続けていく。自由な学校を取り戻していこう」とこの日の行動のまとめを行なった。朝から12時過ぎまで、60人を超える仲間たちが研修センター前に張り付いて、被処分当該の教育労働者と連帯し、「再発防止研修」粉砕を闘いぬいた。


                          〈東京・山谷日雇労働組合〉